• YOSA
  • AROMA TREATMENT
  • かっさ(刮痧)
  • campaign
  • BLOG
facebook
twitter
mixi
calendar.gif

HOME > What'sNew > アーカイブ > 2014年2月アーカイブ

What'sNew 2014年2月アーカイブ

【豊橋/酵素/簡単ダイエット】朝フルーツのススメ♪

PrivateSalonmanaでは
『いつも今の自分が好き』と思えるようなブレない理想のカラダづくりを目的としています。
皆様にご来店された日、施術中(後)だけではなく
常に自分のカラダを好きでいられるよう、
日常から気をつけたいこと、知っていてほしいことがあります!

セルフプロデュースを応援するサロンとして
お悩み・トラブルの原因、予防・ケアの方法など
お伝えしていきたいと思います^^

 
酵素を知ったところで、プラスワン^^
毎朝簡単に酵素を摂る、日常に取り入れやすいお話です♪

今回は、朝フルーツのすすめ♪♪

フルーツを知る!
フルーツに含まれる糖→果糖

果物は甘いし、朝から摂ったら太るんじゃない?というのは誤解です!
精製された白砂糖は急激に吸収され血糖値を急上昇させます。
そして血液中の糖を早く細胞に送るために大量のインスリンを必要とし、体に負担がかかります。
その逆に、果糖はゆっくり吸収されるので負担がかからない
正しく食べれば血糖値を下げる効果もある!といわれています。
フルーツに含まれる水分は「生きた水」ともいわれ
栄養を運び、老廃物を洗い流してくれるんです♪

フルーツに含まれる栄養素
ビタミン・ミネラル
(酵素とともに働く)
食物繊維(体の中をキレイに、毒素排出)
ファイトケミカル(成人病を防ぐ)
抗酸化物質(体の酸化、さびを防ぐ・・アンチエイジング)

朝フルーツのルール
★常温の果物
★良く噛んで食べる
★空腹のとき

吸収率のいい空腹時、冷たすぎないフルーツを、よく噛み栄養素をさらに吸収しやすくして摂取する。
生の果物に含まれる酵素を、効率よく取り入れられる方法です^^
朝の体にシャワーを浴びるような、お手軽でオススメな美容法です☆

朝フルーツ注意点
▼熟したものを生で食べる
▼基本的に、一種類で食べる(消化に負担がかからない)
▼生の種子類との食べ合わせはOK
▼血糖値が高い人は、きゅうり、レタス、白菜など水分の多い野菜と一緒に摂るのがオススメ

朝フルーツ例
キウイ(1~2コで1日分のビタミン)

ミカン3コ分のビタミンC
 ・抗酸化作用
 ・抗ストレス作用
 ・美白作用
 ・コラーゲン合成に必要

ビタミンE
 ・抗酸化作用
ビタミンC、Eを同時に摂取することで効果もはなまる♪♪

その他葉酸、カリウム、カルシウム、クエン酸
ミカン3コ分、バナナ2コ分の食物繊維

今回はキウイをピックアップしてみました^^
オススメなフルーツは他にもたくさんあります♪
美味しく楽しんで、朝フルーツを取り入れられるといいと思います☆

ぜひ、明日の朝からお試しを♪♪

▼酵素関連記事▼
ファスティング酵素ドリンク
ダイエットと酵素まとめ
食べる順番ダイエット☆抜群酵素の食べ合わせ


【豊橋/ダイエット/酵素】食べる順番&食べ合わせ法!

PrivateSalonmanaでは
『いつも今の自分が好き』と思えるようなブレない理想のカラダづくりを目的としています。
皆様にご来店された日、施術中(後)だけではなく
常に自分のカラダを好きでいられるよう、
日常から気をつけたいこと、知っていてほしいことがあります!

セルフプロデュースを応援するサロンとして
お悩み・トラブルの原因、予防・ケアの方法など
お伝えしていきたいと思います^^

 
前回は「ダイエットに酵素は欠かせない」というでした^^
今回は酵素をうまく取り入れる簡単な方法です^^

酵素を摂るのにベストなタイミング
酵素は、食前や食間、空腹時に摂るのがベスト!!
空腹時、胃の中が空っぽな時は吸収率が高まっています
吸収率バツグンなときに、いきなりガッツリ唐揚げ食べたら、、、
どうなるか、想像つくと思います^^;

最近よく聞く、「食べる順番ダイエット」の意味はそういうことだったんです☆

まず、酵素の多い生の食べ物(鮮度の高いもの)を食べる。
たとえばコース料理なんかで、サラダから出てくる理由もこんなところからきました^^

相性抜群の酵素と食べ合わせ
3大栄養素
『炭水化物』『たんぱく質』『脂質』
それぞれの消化を助ける相性抜群の酵素があります!
そんな酵素を多く含む食材を、加熱せずに、先に摂ることで消化を助けます。

★炭水化物→アミラーゼ
キャベツ、レタス、オクラ、りんご、柿、アボガドなど
★たんぱく質→プロテアーゼ
大根、キャベツ、ニンジン、ショウガ、セロリ、ピーマン、バナナ、パイン、りんご、キウイなど
★脂質→リパーゼ
セロリ、きゅうり、トマト、大根、ニンジン、ピーマン、グレープフルーツ、オレンジ、いちご、スイカ、梨など

難しく考えなくても、
サラダが先に出てくるように
意外と生活の中で当たり前に取り入れてる方法だと気づきませんか?
たとえば炭水化物がメインの丼もののようなご飯、
ソースかつ丼なんかにキャベツが敷いてあったり
豚のショウガ焼きにもキャベツが添えてあったり、ショウガを取り入れていたりします。
ただ、加熱してしまうと酵素は熱に弱いため酵素としての働きは難しくなります

酵素が働きやすい環境を知ることで意識してさらに効率よく酵素を取り入れることが出来ると思います!

シンプルでいいんです。
出来る事から、ぜひ日常に活かしてみてください^^

【豊橋/ダイエット/酵素】酵素を補いやせ体質に♪

PrivateSalonmanaでは
『いつも今の自分が好き』と思えるようなブレない理想のカラダづくりを目的としています。
皆様にご来店された日、施術中(後)だけではなく
常に自分のカラダを好きでいられるよう、
日常から気をつけたいこと、知っていてほしいことがあります!

セルフプロデュースを応援するサロンとして
お悩み・トラブルの原因、予防・ケアの方法など
お伝えしていきたいと思います^^

 
ファスティング酵素ドリンク好評です☆
気になる『酵素』についてまとめです^^

酵素とは・・
生きていく上でなくてはならないもの。
生まれた時から体内に保っている(滞在酵素)が、限りがある。消耗品。


いろいろな酵素
 消化酵素・・・食べた物を消化する
 

  ・デンプン→ブトウ糖に分解
  ・タンパク質→アミノ酸に分解
  ・脂肪→脂肪酸に分解
 ▼代謝酵素・・・呼吸、運動、新陳代謝、自然治癒、免疫力UPなど
 
食物酵素・・・食物に含まれる酵素

酵素の特徴
 ▼いまわかっているだけで約3000種類の酵素がある。
 ▼各酵素は一つの仕事、自分の仕事しかできない。
*たとえば、、唾液に含まれるアミラーゼという消化酵素は、デンプンを分解する酵素。
 このアミラーゼではタンパク質は分解できない・・など。
 ▼熱に弱い
 ▼生の食べ物、発酵食品に含まれる

酵素が不足すると・・
 ▼代謝の低下・・・血流が悪くなり脂肪燃焼力が弱まる
 ▼腸内環境が悪化・・・未消化の食べ物が蓄積して悪玉菌が増加する
 ▼免疫力の低下・・・抵抗力が衰え風邪をひきやすい、疲れやすいなど

カラダの中にある酵素、まずは『消化』に使われます
食べすぎなどで消化に多くを使ってしまうと、代謝酵素が少なくなり上のような状態に。
体内の酵素には限りがあるので、酵素を含む食品で補う必要がありますが、
それすらもうまくいっていないと、さらに上のような状態が悪化します。
気付けば消化もうまくできない→栄養素が摂りこめない
→血液が汚れて肌荒れ、体調不良などが起こる、痩せにくく太りやすい体質になる
という、負のループにはまってしまいます。。

ダイエットと酵素
ダイエット、やせ体質の基本「代謝を上げる事」はやはり欠かせないポイント。
消化で酵素を無駄遣いをしてしまえば、
代謝が下がる、、つまり、痩せにくい(太りやすい)体になってしまいます
カラダの中で消化酵素と代謝酵素のバランスを常にいい状態に保ち、
食物酵素を積極的に摂取し取り入れて酵素を補うことが大切なんです!


酵素は生命活動を営む上でなくてはならない、というだけでなく
ダイエット、健康、美容にとっても切り離せない関係があるんです。

次回は、取り入れやすい酵素の摂り方のお話です^^

【豊橋/若返り/簡単】噛めば噛むほど美容効果UP♪

PrivateSalonmanaでは
『いつも今の自分が好き』と思えるようなブレない理想のカラダづくりを目的としています。
皆様にご来店された日、施術中(後)だけではなく
常に自分のカラダを好きでいられるよう、
日常から気をつけたいこと、知っていてほしいことがあります!

セルフプロデュースを応援するサロンとして
お悩み・トラブルの原因、予防・ケアの方法など
お伝えしていきたいと思います^^

 
突然ですが、みなさん!
食べ物何回噛んでますか?

食べ物を噛む「咀嚼」運動、実は美容ときってもきれない関係だったんです。
今回は、噛んでキレイになる方法のお話です^^

最低30回、食べ物の原型がなくなり液状になるのが理想!
食べ物を噛むと唾液が分泌されます。
この唾液が、食べた物を糖へ分解しています。
分解された糖は血液に吸収され、血糖値が上がり、「満腹信号」を出します
あまり噛まずに食べていると、唾液の分泌も減り、
糖へ分解されるのも血液に吸収されるのも遅くなってしまいます。
当然満腹信号が出されるのも遅くなるので、気付いた時にはお腹がはちきれ状態。。
よく噛むことは、食べすぎ防止につながります。

栄養素の吸収率UP!
良く噛んで食べれば、消化しやすい状態になるということ。
消化酵素が働きやすくなり、栄養素の吸収率がUPします^^
まるのみしていては、消化にたくさんのエネルギーが使われ
せっかく摂りたい栄養素も吸収率が悪くなってしまいます。。

若返りホルモン「パロチン」の効果!
唾液には、殺菌・解毒・消化作用などの他に
成長ホルモンの一種「パロチン」による「老化防止作用」があります!
パロチンは筋肉・骨・内臓・歯など発育を盛んにしてくれる若返りホルモン
唾液の分泌が多いほど、パロチンの分泌も多くなります。
沢山噛むことは、消化の負担を減らせるだけでなく
アンチエイジングにも効果的だったんです!


毎日必ず行う「噛む」という行為で
簡単に美容効果を高めることができます!
噛めば噛むほど美容エキスが出る・・・♪
こんなオイシイ話ありませんよね^^

歪みを防ぐためにも、どちらか片方ばかりで一生懸命噛むのはNG
そして唾液を薄めてしまうので食事中の水分の摂りすぎにも注意

これらをおさえてしっかり噛んで、お手軽アンチエイジング始めましょう♪

【豊橋/むくみ/ダイエット】体を変える、水の飲み方・タイミング

PrivateSalonmanaでは
『いつも今の自分が好き』と思えるようなブレない理想のカラダづくりを目的としています。
皆様にご来店された日、施術中(後)だけではなく
常に自分のカラダを好きでいられるよう、
日常から気をつけたいこと、知っていてほしいことがあります!

セルフプロデュースを応援するサロンとして
お悩み・トラブルの原因、予防・ケアの方法など
お伝えしていきたいと思います^^

 
前回は避けたい水の飲み方のお話でした^^
今回は、オススメしたい水の飲み方のお話です☆
タイミング、量、飲み方、1日の流れを追っていきます^^

☆体にいい水の飲み方☆
朝起きた時・・・常温に近い水をコップ1杯

 寝ている間に失った水分を補給。ドロドロの血液をシャワーする感覚で♪
 ごくごくっといかず、ゆっくり飲む。ミネラルの吸収率が高くなります♪

日中・・・こまめに常温に近い水をコップ1杯(5~8回)
*お腹が減った時(食前30分)

 胃腸が活発に活動しているときは、水分の吸収率が高く過剰な水分摂取はむくみにつながる。
 胃の中が空っぽの状態の時の適度な水分摂取はミネラルの吸収率が高くベスト♪
 食事の30分前にコップ1杯の水を飲むことは食べすぎ防止にもつながる♪
*食後(2時間以上後)
 食後すぐは消化酵素を薄めてしまい、消化不良を起こし
 逆に胃腸に負担をかけるので、食後数時間経ってからの水分補給がベスト♪
*喉が渇く前
 喉が渇いた!と感じる時にはすでに細胞はカラカラ状態。。
 喉が渇く前に、こまめな水分補給が必要。
*汗をかいた時
 お風呂やスポーツ以外でも汗をかいたな~と感じたら水分を補給!

入浴前後・・・常温に近い水をコップ1杯ずつ
 入浴で失われる分の水分を先に補給。入浴で失った水分を補給。

 
寝る30分以上前・・・常温に近い水をコップ1杯
 寝ている間に失うであろう水分を補給。
 寝る直前に飲んでしまうと翌朝のむくみにつながるので、
 遅くても30分前までにゴクゴク飲まずにゆっくり飲む。


何気なく飲んでいる水の飲み方、タイミングを抑えるだけで
体のめぐりがよくなりむくみ対策になるとしたら、
とてもお得な話ですよね^^
お金のかからない日常に取り入れやすい方法だと思います^^
ぜひ、意識して体を潤してあげてください☆

【豊橋/水太り/むくみ】水を飲むと太る?間違った水の飲み方を知ろう♪

PrivateSalonmanaでは
『いつも今の自分が好き』と思えるようなブレない理想のカラダづくりを目的としています。
皆様にご来店された日、施術中(後)だけではなく
常に自分のカラダを好きでいられるよう、
日常から気をつけたいこと、知っていてほしいことがあります!

セルフプロデュースを応援するサロンとして
お悩み・トラブルの原因、予防・ケアの方法など
お伝えしていきたいと思います^^

 
たるみ対策の中でも大切だった水分補給。
水分、、といえばたるみよりも先に『むくみ』が浮かんでくると思いますが
『むくみ』がたるみを引き起こすんです!

効果的な水の飲み方は、むくみ対策になります^^

 
「水を飲むとむくむから・・」
「コーヒーやお茶で水分摂ってるよ」
「食事のときはいっぱい飲んでます!」


など、カウンセリングの際にもかなり出てくる
NGな『水分の摂り方』『水の飲み方』。。。

今回は避けたい水の飲み方についてお話します^^


★飲み過ぎても、飲まなすぎてもダメ!!
飲みすぎはもちろんむくみの原因になりますが
「だからあまり水を飲まないようにしてるんです」という方、多いです。
これは絶対NG!水分不足になると脳が水分の排出にストップをかけます。
つまり、水分を体に貯めこもうとする力が働くのです。
尿も汗の量も減り、余分な水分が排出されず貯まりむくみを引き起こすんです!

★ガブ飲みNG!!
じゃあ飲めばいいんでしょ、と気が向いたときにガブガブ飲むのも逆効果。
今日は水分摂ってなかったから、、と帳尻合わせで一気飲みするのもNG。
水不足状態から、急な過剰摂取はむくみの原因になります!

★食事数時間の水の飲みすぎに注意!!
食事中や食後は胃が活発に働いているため水分の吸収率がぐんと高まっています。
ここで大量の水分を摂ってしまうと、むくみの原因になります。
味の濃いものなどを沢山食べると水分が欲しくなると思いますが、
塩分の摂りすぎもむくみの大きな原因。味付けを見直してみるのもいいかも。
また、食事中に必要以上の水分を摂ると胃液が薄まって消化不良の原因にもなります。
食後しばらく経ってから水を飲むのがオススメです^^

★寝る直前の水の飲みすぎに注意!!
寝る前の水分補給は大切。寝ている間に水分が奪われ血液濃度が濃くなることで
寝ている間に心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすリスクが高まるからです。
予防の意味でも、体をシャワーで流すようなイメージで水分補給をすることは大切なんです。
でも、寝ている間は腎機能も低下するのでうまく水分を排出できません。
摂りすぎてしまうと、むくみの原因になります!
寝る直前は避けて、寝る30分前には水分を摂っておくのがベスト♪

★コーヒーやお茶を水代わりに飲むのはNG!!
コーヒーやお茶は、ここでいう「水分」にはなりません。。
これらは利尿作用が強いため、飲み過ぎれば体に必要な水分も排出されてしまいます。
水不足になった体は、むくむんです!


次回は、オススメしたい有効な水の飲み方のお話です^^

【豊橋/たるみ/顔】今すぐやめて!!たるみ顔をつくる癖!

PrivateSalonmanaでは
『いつも今の自分が好き』と思えるようなブレない理想のカラダづくりを目的としています。
皆様にご来店された日、施術中(後)だけではなく
常に自分のカラダを好きでいられるよう、
日常から気をつけたいこと、知っていてほしいことがあります!

セルフプロデュースを応援するサロンとして
お悩み・トラブルの原因、予防・ケアの方法など
お伝えしていきたいと思います^^


何気なくしているその癖、たるみにつながっているかも・・
今回は、たるみ顔をまねく癖をご紹介します^^

NG×頬杖をつく
頬杖をついている側の皮膚がのびてたるみの原因に!!

NG×横向きで寝る
頭の重さは個人差もありますがだいたい体重の1割位。
どちらか寝やすい向きがある、、なんて方もいるとは思いますが
下にしている方にその重さ分負担がかかっています!
皮膚がひっぱられ、骨格もゆがみ左右の違いも現れたるみます!!

NG×片方でものを噛む
どちらか一方の歯でものを噛んでいませんか?
かみ合わせの悪さは、顔のゆがみ、たるみにつながります!!

NG×下を向く、うつむく
スマホ、携帯、気付けばずっと下を向いていじっていませんか?
うつむくことが多いと、顔の筋肉を使うことが減り口角や頬のたるみが出やすくなります!!

NG×無表情
リアクションの薄い方、要注意です!笑
たるみの原因に「表情筋の衰え」、、というのがありましたね。
無表情が多いと筋肉がやせ、さらに脂肪がつきやすくなります。
脂肪の重力で下へ下へ垂れ下がり、頬や輪郭のたるみが進行します!!

NG×摩擦
顔を洗えばゴシゴシ、タオルでふくのにゴシゴシ、スキンケアでぐいぐい、、
お肌のためをおもってのステップも、ごしごしぐいぐい摩擦は逆効果です!
マッサージクリームなど、肌になじんだあとのやりすぎも禁物です!!

NG×しかめっつらでパソコン
お仕事がら、1日中パソコンの前、、という方もいると思います。
こわーい顔、してませんか?長時間眉間にしわをよせ、口角がさがっている状態もたるみの原因に!!
口角をキュっとあげ、優しい顔でパソコンと向き合ってください。笑


気付けばやってしまってるような癖も
意識して気をつけるだけでたるみ予防につながります☆
沢山当てはまってしまった方も、ご安心を。。
今日からいくつ、たるみ対策できますか?^^

☆2月のたるみケアキャンペーン☆
http://www.salon-mana.net/campaign/

▼たるみ関連記事▼
たるみの原因は日常に。。
たるみを改善、予防する方法☆






ほおほほ 

【豊橋/たるみ/顔】たるみを改善、予防する方法☆

PrivateSalonmanaでは
『いつも今の自分が好き』と思えるようなブレない理想のカラダづくりを目的としています。
皆様にご来店された日、施術中(後)だけではなく
常に自分のカラダを好きでいられるよう、
日常から気をつけたいこと、知っていてほしいことがあります!

セルフプロデュースを応援するサロンとして
お悩み・トラブルの原因、予防・ケアの方法など
お伝えしていきたいと思います^^


今回はたるみを予防する方法です^^
→前回記事たるみの原因は日常に・・

▼水分補給&保湿
乾燥がたるみの原因、ならば保湿を念入りに。。
日々のスキンケア、外側からの保湿はとても大切。
そしてもうひとつ大切なのは、中からもしっかり水分を摂るということ。
皮膚表面にだけ化粧水をつけても、とじこめる役割のクリームを塗っても
細胞にまで届かなければ意味が無い。
そこで大事なのは、体の中に水分を補給すること。
一気にガブ飲みはNGです!
こまめに少しずつ、常に潤った状態を保つことが大事。
喉かわいた~!と思う時、すでに細胞はカラカラです。

▼紫外線対策
日焼けあとを残すUVBと肌老化をおこすUVA。
日焼けしない時期は紫外線を浴びていない、じゃないんです!
UVAは1年中、曇りの日でも窓から侵入してきます。
紫外線ダメージの95%はUVAが原因。
つまり、年中無休で対策が必要だったんです。

▼活性酸素除去
活性酸素とはもともと体内に侵入したウイルスを分解するために作り出されますが
余分な活性酸素は正常な細胞まで攻撃し傷つけます。
これが、たるみの原因です。
過剰な活性酸素は、金属が酸化して錆びるように体も錆びさせます。
呼吸しているだけで発生する活性酸素は
紫外線、タバコ、激しい運動、飲酒、ストレスなどの条件でさらに増加します。
まずは活性酸素が発生しやすい環境から遠ざかる生活をし、
本来体に備わっている「抗酸化力」を上げる必要があります。

▼適度な運動・ストレッチ
顔の筋肉を引っ張ってくれている背中や肩甲骨周りを常に意識してほぐすのが大事。
無理な筋トレなどではなく、ストレッチなどがオススメ。
体全体の血流を良くすることも、たるまない顔をつくる大切なポイント。

▼バランスのいい食事
活性酸素がつくられやすい環境にいるということは
毎日の食事で「抗酸化成分」を含んだ食品を意識して摂取し
体の内側から抗酸化力を高める必要があります。
ビタミンC・・・水溶性で血液など水分の多い場所で働く(果物など)
ビタミンE・・・脂溶性で脂肪酸でできている細胞膜で酸化を防ぐ。若返りのビタミン(豆類など)
ビタミンAカロテン・・・眼に栄養を与え、皮膚や粘膜を丈夫にし免疫力を高める(緑黄色野菜など)
ビタミンB2・・・脂肪の代謝を助け成長を促す。ビタミンEの抗酸化作用を高める(レバー、納豆、卵、牛乳など)
ミネラル・亜鉛・・・酸化されやすい細胞を守る(海藻類、牡蠣、牛肉など)
ミネラル・セレン・・活性酸素を抑制する抗酸化酵素の合成に必要。亜鉛と一緒に摂ると効果的(魚介類、玉ねぎ、穀類など)
ポリフェノール・・・植物に含まれ光合成によってできた色素や苦み成分(大豆、そば、お茶など)
カテキン・・・特に脳内で発生した活性酸素を抑える(緑茶など)


たるみは日々の生活習慣で予防ができます。
年齢とともに減少していくホルモンや成分も、
意識的に補うことで老化を遅らせることができます!
毎日の生活の中で、今の自分の魅力を最大限引き出すセルフプロデュース力を磨きましょう☆

☆2月のキャンペーン☆
『たるみケア』今日からカラダをリセット♪♪
http://www.salon-mana.net/campaign/

【豊橋/たるみ/原因】たるみの原因は日常に。。

PrivateSalonmanaでは
『いつも今の自分が好き』と思えるようなブレない理想のカラダづくりを目的としています。
皆様にご来店された日、施術中(後)だけではなく
常に自分のカラダを好きでいられるよう、
日常から気をつけたいこと、知っていてほしいことがあります!

セルフプロデュースを応援するサロンとして
お悩み・トラブルの原因、予防・ケアの方法など
お伝えしていきたいと思います^^



2月は「顔のたるみケア」をメインとしたキャンペーンをやっています^^

たるみは20代から始まっています!
顔を指でおして、内側からおしかえされるような弾力はありますか?

まずは、たるみの原因を知ってください。

▼加齢
年齢を重ね肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンが減少し肌弾力が失われる。
▼乾燥
肌の乾燥はターンオーバーを乱し、ハリが失われる。
▼紫外線
コラーゲンやエラスチンを破壊し肌弾力が失われる。
▼活性酸素
細胞をさびさせる働き(酸化)をし、肌が老化する。
ストレス、たばこは活性酸素を大量に発生させる。
▼ガチガチ背中、肩甲骨周りのさびつき
背中の筋肉は顔の筋肉を引っ張る役割をしている。
ココがガチガチ、さびついていると顔のたるみにつながる。
▼骨のゆがみ
姿勢が悪い、癖などでゆがんでしまうと
リンパの流れが悪くなり新陳代謝が悪くなり、たるみにつながる。
かみ合わせの悪さも顔のたるみにつながる。
▼表情筋の衰え
筋肉の衰えに、重力が加わり垂れ、たるみにつながる。
▼食生活
 バランスの悪い偏った食事もたるみにつながる。

ざっとあげただけでもこんなに様々な要因があります。
この中に、日頃意識しているものはありますか?


次回はたるみの予防法についてUPしたいと思います^^

2月のキャンペーン『たるみケア』したい方へ☆
http://www.salon-mana.net/campaign/

【豊橋/酵素ダイエット/ファスティング】ファスティング酵素ドリンク入荷!

プチ断食ともいえるカラダのリセット健康法、酵素ファスティング。

「酵素」とは、、?

「酵素」は生命活動を営んでいく上でなくてはならないもの。
生まれたときから体内に「滞在酵素」を保っていますが
消化と代謝に少しずつ使われ、消費しています。
滞在酵素は年齢とともに減少していきます。

消化のために酵素が先に使われるので
食べすぎなどを繰り返し消化にばかり酵素を消費していると
代謝に使われる酵素が減り、代謝が下がります。
代謝が下がるということは
免疫力も低下、太りやすい(痩せにくい)カラダになっていく、ということ。

現代人は添加物や加工食品などの摂取により消化のために多くの酵素が使われています。
限りのある滞在酵素が減少していくとなると、食物から酵素を補うことが必要となってきますが、
野菜や果物など酵素を多く含む食品の摂取が減った現代人はますます酵素不足な状態。

そこで、固形物をとらず消化のための酵素を減らし
さらに効率よく酵素を体内に取り入れ
消化酵素と代謝酵素、体内の酵素バランスを整えカラダのめぐりをリセットしていきます!

準備DAY1日、2日間のファスティング、少しずつ日常に戻していく回復DAY
基本の4日間ファスティングプログラム。
必要な栄養はしっかりと摂取しながらデトックス、ダイエットをサポートするドリンクです^^

オーナーの体験談はコチラから
http://ameblo.jp/yosapark-mana/theme-10078887415.html

興味のある方はお気軽にお問い合わせください^^

 

12

« 2014年1月 | メインページ | アーカイブ | 2014年3月 »

このページのトップへ